もっとも怖いツルツル路面

北海道では路面がツルツルのスケートリンクのようになることがあります!

こんな路面を歩く時のコツとしてはズバリ! 「すり足!」

歩幅を小さくして「かかとには体重を乗せすぎない!!」

かかとに体重を乗せすぎてしまうと、滑ったときに一瞬でスっテン!と転ぶ危険があります。

重心を前において、イメージとしては足の裏全体が地面についた気持ち。
完全にすり足だと歩きずらいので多少は足を浮かしますがイメージとしては「すり足歩き」です!

旭山動物園のペンギン散歩のように、ゆっくり歩幅を小さく足の裏全体を使ったイメージで
怖がりすぎずに焦らないで歩いて下さい。この歩き方を知っていれば大抵の道は大丈夫です!

※なお旭山動物園では滑りやすい場所にはスタッフの方が「滑り止めの砂」などを撒いて
 みんなが安全に歩けるように心がけてくれています。

お店などに入る時の注意

お店などに入る時にもちょっとした注意が必要なことがあります。
靴の裏面に雪が付いた状態で店内のフローリングの場所を歩こうとするとツルッと滑ります!!

お店の入り口には大抵、玄関マットみたいなものが敷いてありますので
そこで、ドンドンと足踏みをして、靴の底についた雪を落としてからお店に入ると安心です。

ポケットに手を入れるのが一番危ない!

寒いからといってポケットに手を入れて歩くなどは怪我のもと!
その為にも手袋を履くことをオススメします!
怪我防止と防寒対策の為にも帽子などかぶると尚良いと思います。

特にペンギンの散歩などをご覧になる場合、寒風吹き付ける極寒の中をじっと待つ場合もあります。
冬の北海道で髪の毛が濡れると、急激に体温を奪われ体力を消耗します。
なのでフード付きのコートやジャンバーなどが非常に重宝します。

雪道を快適に歩く為にお役立ちリンク

検索すると他にも歩き方のコツを解説しているページがありますので
不安な場合はそちらも参考にしてみてください

・転ばないコツ  ー札幌発!雪道を安全快適に歩くための情報サイトー
・ようこそ札幌  ー転ばぬ先のすべり止めー
・webシティ札幌 ー札幌人の靴
inserted by FC2 system