夕暮れのホッキョクグマ

夜の動物園とは

夜行性の動物、暗くなってから元気に行動する動物の姿をじっくりと観察することが出来る
特別な5日間「旭山動物園〜夜の動物園〜」

普段の旭山動物園夏期開園時間は午後5時15分まで。
しかしこの「夜の動物園」の5日間だけは、夜の9時まで動物達を見ることができるんです!

昭和62年から毎年お盆の時期行われているこの夜の動物園。
何度も見ている動物なのに昼と夜では全然違う♪
昼間はほとんど動く姿を見ることが出来ないカバさんもイキイキ☆

あ!チンパンジーが寝てる!!
あ!ホッキョクグマは昼間よりも元気いっぱい!!あ!ホタルの優しい光が私を包み込む!!
夜のホッキョクグマ夜のホッキョクグマ

開催日時

※毎年開催日は違い、今年度2011年は下記日程にて行われました。

<期   間> 2011年8月12日〜8月16日
<開園時間> 午前9時30分〜午後9時00分(入園は午後8時00分まで)

夜のペンギン館夜のペンギン館

旭山動物園は写真撮影自由ですけどフラッシュは厳禁です。

夜のペンギン館夜のクラゲ
照らされた光を切るように泳ぐペンギン達に驚き!
悠々と泳ぐホッキョクグマの美しさに惚れぼれします。
夜のホッキョクグマ
動物の目が傷ついてしまうため写真のフラッシュは絶対に禁止です。
この写真もフラッシュなしで撮影していますが、きちんと写りますので絶対にフラッシュは切りましょうね!
夜のアザラシ夜のアザラシ

さらに見所が!

さらにはちょっとした出店なんかもあったり。
旭川南高校と永山小学校など子供達が一生懸命に製作した「あんどん」があったりします。

行灯行灯

昼間にはない夜行性の行動を観察したり、
出店やあんどんをみながら喜ぶ子供達の姿を見るとなんだかホっと温かい気持ちになります。

ホタルのこみち

もうひとつ夜の動物園で人気なのが、
600匹のヘイケボタルが優しいヒカリを灯す「ホタルのこみち」。
ほたるのこみち
日が暮れた夜の7時30頃から行われるこの「ほたるのこみち」は
今では珍しくなったホタルのヒカリを一目見ようと多くの人が並びます。
それは7時を過ぎた頃から凄い列!!これは一体何分待ち???って思うくらい。

沢山の人に見てもらう為に「立ち止まらずに進んでくださーい」って係りの人に誘導されるので
100人くらいの行列でも約20分くらい待つと見ることが出来ると思います。

しかし違う言い方をするとこの「ほたるのこみち」は、沢山の行列になるので
止まらずに歩きながら観察しないといけないので、あまりゆっくりと見ることができません。

なのであまりに行列ができていて、待ち時間が長くて他の動物が見られなくなっちゃった・・・
ってことがないように気をつけなければいけません。まずは他の動物を観察して、
空いた頃合いを見計らってこの「ほたるのこみち」を見るって方法もひとつの案かと思います。

夜の動物園の写真撮影について

撮影は自由ですが、カメラのフラッシュは動物の目を傷つけてしまうので禁止です!
それは夜の暗い中でも同じ。暗い中でも、フラッシュ無しでこれだけはっきり綺麗に撮影できます。
動物達の健康を守るためにもカメラのフラッシュは絶対切って撮影しましょうね。

inserted by FC2 system